葬式費用を安く抑えたい方へ~格安葬式のまとめサイト~

home > お葬式格安情報 > 葬式でローンを組む時はどんな手順が必要?

葬式でローンを組む時はどんな手順が必要?

 葬儀を行う場合、それが初めての場合であればなおさら、いちばん気になるのはその費用だと言われています。葬儀費用の内訳としては、まず葬祭業者に支払う費用と寺院などに渡すお布施、そして参列したくれた人たちに対する飲食接待費や遠方から来る親戚などの宿泊費などです。さらにお葬式が終わった後に行う四十九日など法要に際しての費用や香典返しなどのその費用には含まれます。
決して安い金額ではない葬儀の費用ですが、その中でも特に大きい金額となるのが、葬祭業者への支払い費用だとされています。最近は家族葬や1日葬、また火葬のみの直葬など簡素な形のお葬式を行う人も増えています。しかし、世間体などもあって従来の一般的なお葬式を行う人もいないわけではありません。その場合には、簡素なお葬式よりも費用は高くなってしまうということは致し方ないでしょう。

 お葬式の際には、葬祭業者との事前の打ち合わせは欠かせません。お葬式の形式を決めるときには費用の面もきちんと確認する必要があります。業者の言いなりになって、終わった後の請求書を見てこんなはずではなかったということもときにはあるからです。
特に費用に関しては、きちんと納得できるように決めることが大切です。納得できる金額の提示があり、追加料金の有無なども納得できて契約をするときには、その支払い方法を選ばなくてはなりません。以前であればお葬式の費用は終わった後に現金で支払うことが多かったようです。しかし、最近はどんな買い物でもクレジットカード払いですることができ、お葬式の費用も例外ではありません。加えてほとんどの葬祭業者では現金の支払いしかできないということはないようです。

 多くの葬祭業者では、葬祭費用の支払い方法を現金一括払い、クレジットカード払い、ローン払いの選択肢を設けています。お葬式を行う場合は、その中から支払い方法を選択することができます。一括で支払うことが難しい場合には、分割で支払うことで一時的に費用の負担を軽減することは可能です。
クレジットカード払いの場合は、支払い回数を選ぶことができるため、一括で支払うこともできます。現金を直接持参しないで済むという点では安心かもしれません。また、1回で支払うことが難しい場合はローン払いもできます。ローンの組み方は支払い回数を決めるということになるため、費用の都合などをまず考える必要があります。そして無理のない返済ができるよう葬祭業者も交えて計画を立てることが重要となるでしょう。支払いが難しくなるようなことにはならないように計画することが大切です。

次の記事へ
ページトップへ