葬式費用を安く抑えたい方へ~格安葬式のまとめサイト~

home > お葬式格安情報 > 葬式格安の火葬式に関する基本知識

葬式格安の火葬式に関する基本知識

葬式格安となりますと火葬式がまずあげられます。
火葬式に関しては通夜、あるいは告別式をせず、遺体安置、納棺、さらに出棺そして、火葬という流れだけで実行する方法です。
参列者が家族だけですと、祭壇を華やかにすることは要されず、僧侶も呼ばない為お布施のお金を費やすことなく実行出来ます。
加えて、葬儀そのものが小さいので会場もコンパクトで、会場費も軽減できます。
火葬式においても家族葬や、一日葬などがあります。
家族葬においては主として参列するのは家族、あるいは親しい人だけでありまして、一日葬のケースでは通夜をぜずに葬儀及び告別式を実施するのが通例です。
一日葬のケースでは、通夜がない分だけ限られます。
参列者が多くない分だけ、コストが少なくできます。
格安で行えるの仕組みは不必要なものを軽減してシンプルに弔う葬儀といえます。



葬式格安を実行する上での留意すべき点

葬式格安はコストが安いという有益性がある分、ウィークポイントも当然有ります。
少ない人数のため担当者の手が足りなくなり、自分自身で葬儀の準備などをしなくてはならなかったり、宗教を選択したりお坊さんを呼ぶことが不可能なこともあります。
それ以外に親族、あるいは近親者だけに来て頂く葬儀を実施することであとになって周りの方にどうして知らせなかったと責められるケースもあると言われています。
さらに火葬式のケースでは、宗教者の理解を得ることができないこともあり得ます。
トラブルとしまして菩提寺への納骨を拒否されることもありえます。
あらかじめ確かめておくことが重要になります。
プラスの面はトータルコストを抑えることができることです。
しかしながら、遺影撮影であったりお花料金などのサービスは有料のオプションもありますので、気を付ける必要があります。



家族葬は葬式格安を実現できる方法です

家族葬と言いますのはお通夜それから、告別式、さらに火葬などをオーソドックスな葬式と同様の順序で行いますが、葬列が家族といった親しい人のみと少ないことが特徴になります。
このことにより、会場が小さく、担当スタッフが少ない人数になることを意味し費用を抑えられ、葬式格安が実現できます。
家族葬につきましてはプランにも左右されますが、5から50名の親族、あるいは親しい参列者を想定しています。
費用に関してはオーソドックスな葬儀と比べて安く済むことは確実です。
近頃では家族葬でもしっかりした葬儀にしたい人も多く、宗派、あるいは形式に拘るコースもあります。
また、あらかじめ申し込みを入れておけば、代金がディスカウントされる専門業者も存在しますので、生前故人が家族葬を望んでいる場合などは前もって資料請求を行なうなど事前準備をしておけば一層コストを抑制できます。

次の記事へ
ページトップへ